マッサージの催促!

7月も終わりですね。今日も暑かったです~ぅ大福地方(御殿場市)は夏は涼しく避暑地として親しまれている。はずだったのに今年は暑いですー!大福は、エアコンでひえひえの中マッサージとブラッシングをするのが好き!今日は、せーちゃんを ご指名!せーちゃんに尻尾を向けてスタンバイ!お願いしますだワン!気持ち良すぎて振り返ってせーちゃんの手を噛んだりする 心行くまでマッサージを堪能した大福でした。畑では“ナス”が...続きを読む >

赤カボチャ

カボチャ畑の様子です。野原ではないです。カボチャを探せ!草だらけになったカボチャ畑ではリアル宝探しゲーム的な見つける楽しさを味合うことが出来ます^^vツルを踏んで切ったり傷つけてしまわないように注意しながら草をかき分け、かきわけあったーーーどー!ヾ(_ _)ノ前回、見掛けた時は黄色かった赤カボチャが赤くなってました!赤というよりオレンジ色ですね。野菜を作っても面倒を見れないと草だらけで、みっともないと言...続きを読む >

イチジクの花

今朝、畑を一回りしてビオレドーフィンをみると今年、植えたばかりなのにいつのまに実が!イチジクって漢字で書くと「無花果」と書くけどほんとに花も咲かないのに実が出来るってことー!?調べてみたら この実の中に花があるんだってーなんて変わった花なんでしょ~!イチジクを食べるときは花を確認してみましょう!その後、蓮鉢をみていたらシュッ!と何かが動いたのが見えた!全滅したはずのメダカ?しかも ちっちゃい!もと...続きを読む >

心にゆとりを!

7月も後半ですね。最近、伊豆方面に向かう車が増えて毎朝、 伊豆縦貫自動車道で渋滞に嵌りながら出勤してますお出掛けの機会が増えて楽しい 時期ですがゆとりのある運転をこころがけましょう!って、自分も ゆとりを持って家を出ればいいものを畑にいると時間を忘れてしまって本日もギリギリ滑りこみでした;さ、いよいよ子供たちも夏休みですね。上の孫も幼稚園がお休みで家族でお出掛けしてきたようです。ディズニーシーでしょ...続きを読む >

黒米の穂

黒米が開花しました。ヽ(*゚ー゚*)ノ今年の黒米は「朝紫」という早生のもち種です。「朝紫」の故郷はインドネシアのバリ島です。収穫時期の籾も白米とかわらないけど玄米は紫黒になります。よく見ると穂の先の芒(ノギ)が黒いです。古代米ってかんじです。晩成種の緑米のもち米は、まだ穂が出ません。田植えは一週間も変わらないのに生長にかなりの差があります。緑米は真っ黒な穂になりますが玄米は薄緑です。収穫時期が遅れると籾も...続きを読む >

諦めないで

毎日、私の帰りを待っていて車庫に車が入るとお出迎えしてくれる大福嬉しいです~~♪そして今日は、もう一つ嬉しいことが!全国高校野球選手権静岡大会 ▽準決勝日大三島が延長14回逆転サヨナラで28年ぶりの甲子園出場へ王手!!14回2点差のときは負けちゃった~~ぁって チョッピリでも思ったことを反省しております!応援する側も最後まで諦めないで応援しなくてはいけませんね! ٩(๑`^´๑)۶ さて、今日のトマトの糖度です。...続きを読む >

お盆の入り「 おもてなしのこころ」

今日は曇り空で涼しくなりました。大福はマイ扇風機の風にあたり気持ちよさそうにお昼寝中今日は御殿場はお盆の入りせーちゃんは大切なお客様でもお迎えするかのように朝から忙しそうにしています。ご先祖様を大切にしているんですね~。お盆までには家の周りを綺麗にしたい!とは思っていたけれど...先週、草刈りしたキウイ畑も草だらけ少しぐらい目を瞑ってもらいましょ!せーちゃんがお盆の準備をしている間にバジルソースを作...続きを読む >

誕生日

本日、6歳の誕生日を迎えた大福毎年、同じカボチャのケーキを作っていま~す朝から誕生日、誕生日と言っているから誕生日という食べものだと思っている たぶんじゃ~ん!甘くないカボチャのケーキの完成また一年、楽しいことが沢山ありますよーに。────────────────daifuku────────────────       にほんブログ村にほんブログ村秋田犬 ブログランキングへ...続きを読む >

美ナス

今年のナスは美しいです! テントウムシダマシ(ニジュウヤホシ テントウ)をジャガイモの段階で手で捕獲して徹底的に駆除したかいがありました。家庭菜園だからこそ出来る害虫駆除方法ですね。カボチャも次々に受粉しています。名前も知らないカボチャ食べて美味しかったので、その種を蒔きました。まだ黄色いけど「赤皮カボチャ」いつ赤くなるのか楽しみです。蒔いたつもりじゃなかったバターナッツ行方不明になっていた小豆あ...続きを読む >

蜘蛛(クモ)の糸

本日、東海地方、梅雨明けしました~。といっても梅雨らしくなかったのでなんか変なかんじです。この時期によく見かける蜘蛛(クモ)納屋の裏の大きな椿の木から水糸のような太いクモの糸が畑の脇のポールに向かって1本張っていました。ほんとに風で飛んで引っかかった水糸だと思いましたー。この立派な糸の持ち主にお会いしたくて探しましたがお目にかかれませんでした。ふと芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思いだした。いつも無償の...続きを読む >